サイトマップ プライバシーポリシー

HOME土地戸建マンション賃貸ご売却会社概要お問合せBLOG
不動産の売却について 

   ●まずご自宅がいくらで売れるか簡易査定をさせていただきます。

      ・物件の地番や広さの確認ができる書類(購入時の売買契約書、固定資産税課税証明書など)があればご用意ください。
      ・当社独自の過去10年間の売買事例、直近の取引事例等に基づき、おおよその査定額をお出しします。

   
●本査定を致します

      ・実際の売り出しを行なうには、本査定が必要です。家やマンションなどは、直接お部屋の内装等、汚れ具合等を見て確認
       させていただきます。

   
●売り出し価格を決定します

      ・査定価格は売り出し価格ではありません。査定価格を元にお客様のご事情やご希望をお伺いし、売却の可能性が高くお
       客様にご納得いただける売出し価格を決定します。




査定額が高いからといって高く売れるという保証はありません。

安易に数字で判断するのではなく、
どういう根拠で査定しているか、売れる金額であるかの見極めが大切です。

初めの売り出し価格を誤ると、結局は反響が少なく、
デフレの現況下では、時間が経つにつれ、値が下がってしまうことになります。


    売ると決めたら、きれいに掃除をしましょう。
物が片付いていること
水周り(キッチン・浴室・トイレ)がきれい、これだけで印象が全く違います。

売る、イコールお客様にお見せするという準備を是非お願いします。少しでも良い条件で売るために。

売却に必要な費用 

  ●お住まいを売却されると、税金や仲介手数料などの諸費用がかかります。

      
仲介手数料    成約の際に売却価格×3%+6万円とその消費税(どの不動産会社も同じです。)
                  例えば、1,000万円で売却した場合、仲介手数料は 378,000円消費税込です。
                  成約しなければ、仲介手数料はかかりません。

      
抵当権抹消費用  ローンの残債があり抵当権が設定されている場合は、抵当権の抹消を司法書士に依頼します。
                   抹消登記代、司法書士への報酬、ローン事務手数料などがかかります。一般的には3万円前後です。

      
印紙代        売買契約書に貼付する印紙代です。
                   1,000万円から5,000万円以下の売買代金の場合は、1万5千円です。 

      
引越代        引越し費用等です。
  
  
 ●その他に
              土地境界の確定や面積を実測して引き渡す場合は測量費用など。
              古家がある土地を更地にする場合は、建物の解体費用等がかかります。
              (解体費を含めて売り出すこともできます。)

譲渡益への税金 

       お手持ちの不動産を売却されて譲渡益が出た場合、その譲渡益に対して所得税、住民税がかかります。
         
       ただし、上記所得税・住民税は所有期間によって税率が変わります。またご自宅(居住用の資産)の場合は特別控除
       (3000万控除)が受けられたり、また所有期間が長いときには税率軽減の特例を選択できる場合があります。
 
       売却時に関わる必要経費も含めて譲渡益がなければ、税金はかかりません。


このページの先頭へ